グリーンスムージーの副作用は??

p1030591

今や、健康管理や、ダイエットにグリーンスムージーを飲む方が多くなっています。
私も、便秘になったときにたまに飲んでいます。
とっても体にいいと評判のグリーンスムージーですが、副作用ってあるのでしょうか?
気になりますよね?
今回は、グリーンスムージーの副作用について書いていきたいと思います。

グリーンスムージーの危険性ってあるの?

一見、体に良くて何も問題がないように思われますが、「グリーンスムージーは危険だ!」という意見も意外と多いんです。
それはなぜなのでしょうか?
そもそも、なんでグリーンスムージーが危険だと言われているのでしょうか?
それは、以下のような理由からです。
・農薬や害虫・硝酸素窒素
グリーンスムージーに使う野菜や果物は、みなさんどこから買ってきますか?
家で育てている方もいると思いますが、たいていはスーパーなどで買ってくることが多いのではないでしょうか??

スーパーで売っている野菜や果物は、自宅の水で洗っても、農薬や害虫が残ってしまうことがあるんです。

せっかく健康のためにグリーンスムージーを摂っても、健康被害につながってしまう危険性もあるのです。

特に問題視されているのが、硝酸素窒素です。
この硝酸素窒素は、発がん性物質なんです。

葉野菜は栄養価がとっても高いのですが、それ以外の物質のリン酸やカリウム、窒素も含まれています。なので、しっかりと洗ってから煮沸殺菌しましょう!

グリーンスムージーの副作用!

グリーンスムージーの副作用ってあるのでしょうか?
みなさんは、グリーンスムージーを飲み始めてからこのような症状がでたことはありますか?

・風邪のような症状
・下痢

細かく言えばもっとありますが、今回は特に多いこの2つの副作用の症状について書いていきます。

風邪のような症状というのは、頭痛やだるさです。
これは、グリーンスムージーを大量に摂取しすぎているかもしれません。
下痢も同じことです。

グリーンスムージーは1日1リットルくらいが目安になっています。
多く摂りすぎると、上記のような副作用が現れる可能性があります。
絶対1リットル飲むと言うことではなく、あくまでも自分に合った量を見つけて、飲むことをおすすめします。
最初はコップ1杯から始めてみましょう!